選ばれる理由とは
EFFICIENT

―共和合成が選ばれる理由―
成形から組み立てまでの製造、生産管理、品質保証、営業。
どんな役割を担っても、一人一人が誇りを持って取り組む共和合成だからこその「選ばれる理由」を、
共和合成を知り尽くした社員スタッフたちにインタビューしてみました。

営業部 2012年入社

営業部 2012年入社

お客さまのニーズに応えるために、
常に全社で取り組みます。

私たちの仕事は、まず第一にお客さまのニーズにお答えすること。どんなことが求められているのか、じっくりとヒアリングし、そして何が出来るのかを考えるところから全ては始まります。そのための試作品作りはもちろん、納品まで、常に弊社で出来る対応を最大限に発揮出来るように全社で取り組む。それをお客様にフィードバックしながら進めていくのが私たち営業部の役割です。

各部署の集まるDR(デザインレビュー)を密に行っています。

製造部、管理部、営業部などが一堂に集まり、設計・製造・納品までの総合的な問題について、各部門の立場から検討、評価し、意見を述べるDRを設けています。関係者がそれぞれの立場から製造過程のあらゆるケースを想定してプランをたてるので、スムーズな納品につながりますし、万が一のトラブルにも備えられています。

営業部 2012年入社
製造1課 2004年入社

技術課 2004年入社

多様なデザインに対応するべく、
充実した設備と確かな技術の両立を目指します。

射出成形、合成樹脂の世界では常に新しいデザインや技術が求められています。時代の進歩に遅れることなく、最先端かつ最高品質の製品を作り上げるためには、それを可能にするための設備と技術が必要です。弊社の工場では、単色成形はもちろん、2色成形、異材成形、フィルムインサート成形、厚肉成形など、デザインの幅を広げる多様な技術に対応するための技術習得や設備投資を行っています。

小ロットから大ロットまでご希望にそって。

成形機の充実度は、幅広いデザインへの対応だけでなく、数量への対応も可能にします。大型機から小型機まであるので、小ロットでも、数万という大ロットでも、お客さまのご要望にお応えできる体制を整えています。

製造1課 2004年入社
品質保証課 2011年入社

品質保証課 2011年入社

完全納品のために製造部と品質保証課が連携し、
冷静かつ正確に品質を見極めます。

私が担当しているのは、新規製品の寸法測定や稼働している製品の状態を1点1点チェックしていくこと。弊社のISOマニュアルにのっとったチェックリストを使って細大漏らさず目を光らせています。
大ロットの納品でもミスがないような完全納品を目指しているので、製品チェックも各部署ごとに何重にも行っています。数値だけではなく、製造現場で直接担当と話し、コミュニケーションを密に行うことも重視しています。

三次元測定機でわずかな誤差も徹底チェック

毎日数千もの製品を作っていると、金型そのものが壊れてしまうこともあります。製造過程で、巡回検査や抜き取りチェックを行うことで未然にロスを減らし、安定した製品をお客様にお届けできるように努めています。微細な誤差も、三次元測定機を使って見逃さないようにしています。

品質保証課 2011年入社
生産管理課 2010年入社

生産管理課 2010年入社

受注から納品まで、スケジュールや出荷を
総合的に管理しています。

製造課(検査・組立係)や品質保証課では製品の品質管理を行っていますが、生産管理課では、受注から納品までのトータル的な管理を行っています。営業部ともしっかりと連携をとりながら、数量管理や納品に必要な梱包資材についてなど、生産過程のあらゆる管理を行っています。社内全体の生産計画を立て、同時期にご注文を頂いたお客さまにも、最善の納品をお約束します。

信頼と実績は、ミスなく納品することの積み重ね。

ときに100万個といった数にも対応するわけですが、弊社が考えるもっとも重要なことは、ミスなく納品することです。そのためには、人と機械の限界を知り、複合的な視点をもってベストな状態で生産計画を立て、実行していく必要があるのです。

生産管理課 2010年入社